最短でお金を借りる方法・手順

最短でお金を借りるなら、まずはこちらをチェック!最短30分で審査完了!1時間で現金が手にできます。即日融資が可能なカードローンの他にも、細かな条件から最短でお金を借りる方法を比較・検討することができるので参考にして下さい。

借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミス
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ

※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

とにかく最短でお金を借りたい場合のキャッシング

最短でお金を借りたい…という最短の場面はよくあるでしょう。

最短でお金を借りる

そのように最短でお金が必要な場面では、消費者金融でキャッシングするのが一番です。銀行カードローンやクレジットカードと比較して、審査通過率を見ても審査スピードを見ても、断然有利となっています。

最短でお金を借りたい場合どこで借りるべき?

そもそも消費者金融とは何かというと、プロミス・アコム・SMBCモビット・アイフル・ノーローン…といった、多くの人が街中でよく目にする、大手のキャッシングブランドのことを言います。

最短でお金を借りる2

中小業者も消費者金融といいますが、基本的に現代のキャッシングでは、これらの大手を使わずに中小の消費者金融で借りる理由がないので、消費者金融といったらこれらの大手ブランドと思って下さい。

夜間だったら、プロミス・アコムがおすすめ

これらの大手の消費者金融の中で、どこがスピードキャッシングにいいかというと、たとえば夜間の緊急事態にスピード借入をしたいのであれば、アコム・プロミスがいいと言えます。

理由は、ほぼ毎日、夜10時(22時)までスピード審査に対応しているという点。

店舗や状況・条件によっては時間が変わることもありますが、ほとんどの場合は22時までスピード審査をしています。

他の消費者金融は、ノーローン・アイフル・SMBCモビットの3つとも「21時(夜9時)まで」となっています。

もちろん、これでも十分受付時間が長いといえますが、アコム・プロミスはさらに1時間長いわけですね。

なので「最短でお金を借りたい」という時でも、特に夜間のギリギリのケースでは、プロミスで申し込むのが一番いい、というわけです。

内緒ですぐに借りれるプロミスのWEB完結

最短でお金を借りるのに便利なWEB完結とは、金融機関との郵送手続きや来店手続きなしでカードローン契約ができるという斬新で便利な契約方法です。
WEB上での取引だけでカードローンの契約手続きが完結してしまうという意味で「WEB完結」と呼ばれています。

内緒ですぐ借りれるWEB完結4つの魅力

インターネット環境さえあればいつでも契約できる


金融機関にわざわざ来店する手間が省ける


契約書やローンカードの自宅郵送をなくせるから内緒で借りれる


従来の契約方法より手続きが早いから即日融資に最適

インターネット環境さえあればスマートフォンでも携帯電話(いわゆるガラケー)でもパソコンでもカードローン契約ができるWEB完結最大のメリットは、なんといっても時間や場所に縛られずに手続きできるということ。

「来店手続きが面倒であれば郵送手続きを選ぶ」「郵送物を避けたければ来店手続きを選ぶ」というのが従来のカードローン契約でしたが、「郵送物も来店もイヤ!」という消費者のニーズを完璧に満たしたのがWEB完結です。

主な口座振替(口フリ)の対応銀行

対応銀行利用可能時間
三井住友銀行月曜 7時~24時
火~土曜 24時間
日曜 0時~21時
ゆうちょ銀行0時5分~23時55分
みずほ銀行月~金曜 24時間
土曜 0時~22時
日曜 8時~24時
※毎月第1/第4土曜は3時~5時は不可
三菱UFJ銀行24時間
※毎月第2土曜21時~翌7時まで不可
セブン銀行24時間
※毎月第3日曜23時30分頃~翌日5時30分まで不可

プロミス 22時までの申込で最短60分間で融資可能!
【20~30代に人気】


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1~500万円
審査スピード 「最短30分」
3項目入力で簡単3秒診断!
カードレス可能で郵送物なし!
Web完結可能で来店も不要!

プロミスレディースローンはコチラ

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

プロミス口座振替に対応している金融機関の数は全国200行以上。プロミス口座振替に対応している金融機関はプロミス公式HPから確認できるので、口座振替が利用できて問題なくWEB完結が使えそうだという方は早速インターネット申込から手続きを開始しましょう。

審査結果をすぐ知りたいなら、SMBCモビット

最短でお金を借りたいという時は、「まず、大体の審査結果だけでもすぐに知りたい」ということが多いでしょう。もし「その消費者金融では落ちる」といわかったら、すぐに次で審査の申し込みをする準備ができるということですね。

そのようにすぐ審査結果(大体の)がわかるという点では、大手の消費者金融の中でもSMBCモビットが最強です。

SMBCモビットは、10秒で簡易審査結果表示という、圧倒的なスピード審査が可能だからです。

限りなく本審査に近い結果

このSMBCモビットの「10秒簡易審査」というのは、決してお試し診断・借入診断のようなものではありません。それはSMBCモビットも別にあるのです。

SMBCモビット 10秒で簡易審査結果表示♪
【30~40代向け】


SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査スピード 最短即日
全国セブン銀行ATMでスマホアプリ入出金可能!
申し込みから借り入れまでWEB完結
電話連絡・郵送物不要の「Web完結申込」

※申し込みの曜日、時間帯により翌日以降の取り扱いとなる場合もあります
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行の口座と保険証(社会保険証や組合保険証など)をお待ちの方はWEB完結申込が可能です。

借入診断ではなく、全ての審査項目をスーパーコンピューターによって自動審査した、限りなく本審査の結果に近いものが、10秒という圧倒的な短時間で出ます。

勤続年数・年収・自宅情報・借入状況などの客観的なデータについては、人間でなくてもコンピューターで大体の審査ができるので「この年収で、この勤続年数で、このレベルの勤務先の人だと、貸し倒れのリスクは何%」というようなことを、瞬時に機械がはじき出してくれるのです。

これは1983年にプロミスが開発した自動与信システムというもので、プロミスがハーバード大学の研究の対象になった理由ともなっています。

銀行カードローンは最短即日でお金借りる事は不可能

最短でお金を借りるなら銀行はどうなの?とお考えの人もいるかもしれません。ですが、銀行は最短でお金を借りるのに1週間前後かかってしまうことも。

というのも大きな額を借りられる総量規制外の銀行カードローンに対して、国会や法曹界で"銀行は多重債務問題を助長しているとの批判"が強くなり、大手銀行や地方銀行が融資の抑制をはじたのです。

最短でお金を借りる3

現在のマイナス金利下でも融資は続き、貸金業法が及ばないことで自粛も制限もない融資が危険視されている問題です。

その為、銀行カードローンは2018年1月から警視庁のデータベースでも照会し、審査に時間をかけるので即日融資を停止しています。

これまでの保証会社の審査もあるため、申し込みから実際に融資が行われるまでには2週間ほどかかるものと見込まれています。

このように銀行カードローンでは総量規制以上の融資が期待できないため、最短最速でお金を借りるなら消費者金融を選択する必要があるのです。

即日融資で最短でお金を借りるためのポイント

カードローンで最短でお金を借りる場合、いくつかのポイントがあります。
そのポイントをおさえて頂ければ、最短1時間で借入完了となるので、いまから説明するポイントをしっかりとご覧頂き、即日融資のお申込みを実施して頂ければと思います。

最短でお金を借りる5

即日融資のポイント①インターネットから申し込む

最短でお金を借りるためには、インターネット(WEB)からの申し込みをする必要があります。
今までは、店舗や近所の自動契約機に行って申し込みをする必要がありましたが、今ではインターネットから申込ができるため誰にも会うことなく、また店舗や自動契約機で待たされることなく申し込みができるようになりました。

インターネットから申し込み(Web契約)をすると、最短30分で借入可能額が決定し、そこから最短10秒で口座に振り込んでもらえます。

インターネットのお申込みから口座振込までの流れは以下のようになっています。

最短融資の流れ
  1. WEB申し込み
    名前や住所などの必要事項を入力していきます。
  2. 審査結果
    借入可能額が指定の連絡先に送られてきます。
  3. 契約書類の送付
    Web契約の場合、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、 メールかスマートフォンアプリを利用して送付)
  4. 無人契約機or振り込みでキャッシング(ここまで最短1時間)

審査状況によっては、 連絡までに時間がかかる場合があるようですが、それでも1時間はかからないと思います。
Web契約の場合、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、 メールかスマートフォンアプリを利用して送付出来るので郵送のタイムラグもなく安心です。

必要書類

原則、必要書類は本人確認書類収入証明書の2種類だけです。

本人確認書類運転免許証、健康保険証、パスポート、顔写真入りの住民基本台帳カードなど
収入証明書(借入限度額を50万円以上に設定する場合)源泉徴収票、課税証明書、直近の給与明細書、所得証明書、確定申告書など

どのカードローンでも本人確認書類は必要で、収入証明書は借入限度額を50万円以上に設定するときに必要になります。

最短でお金を借りるための注意点

少しでも早く融資を受けるためには

とにかく今すぐ申し込みをする
借入をする際には、各カードローン会社の審査に通る必要があります。
審査は受付順で行われるので、とにかく1秒でも早く申し込みをすることが重要です。


WEBで申し込みをする
即日融資を受けるには、WEBでの申し込みが最速です。
提出書類もスマホで撮った画像を送るだけでOKなので、スピーディーな手続きが可能です。

カードローン・キャッシングの審査は、申し込み順に行われているので、当日申しこみ件数が多いと、審査に時間がかかる場合があります。

そうすると、最短30分で契約が完了すると言われていても、30分を過ぎるケースも考えられるので、余裕をもって、14時くらいまでにWeb申込みを済ましておくとベストです。

借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミス
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ

※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

TOP⇒初めてお金を借りるならおすすめはどこ?