生活費が足りない時に見直すべき10のこと

生活費が足りない!お金の心配なく安心して暮らすためにも、余分な出費は控えたいですよね。ただ、出費の管理をしようにも、何から始めたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、生活費が足りない人のための節約効果の出やすい方法を10個まとめています。
借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミスアイフル
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ
アイフル
アイフル公式へ

生活費が足りない人への10個の節約術と最短解決法

生活費が足りない!生活費をあまり多くもらえなかったり、急な出費などで生活費が減ってしまったりすると、どうやって生活すればいいかわからなくなってしまうことがあります。

こんな時どうしてる?
こんな人におすすめ
  • 夫の稼ぎが下がって生活費が足りない
  • 離婚して生活費が足りない
  • 主婦としてやりくりを見直したい
  • 一人暮らしで生活費が厳しい

今回の記事では、こんな時みんなはどうしているのか、こんな時こそどうすればいいのかということを見ていきたいと思います。

まずは支出をチェック

生活費が足りないならまずは、何にどれくらいのお金を使っているのかをチェックしてみましょう。以下は、一般的な家庭の家計簿の内訳となります。

現状のお金の動きをまとめていくと、無駄遣いしている部分が見えてきますよ。

収入
会社からの給与基本給214,000円
残業代22,000円
ボーナス
手当など10,000円
他の収入在宅ワーク46,000円
児童手当24,000円
所得税還付金
投資の収入受取利息
配当金18,000円
支出
教育費教科書・文具品22,000円
授業料・学費40,000円
塾の費用20,000円
娯楽費旅行費用
映画・アミューズメント8,000円
書籍・CDなど2,000円
通信費スマホ・モバイル12,000円
固定回線4,000円
交際費冠婚葬祭12,000円
贈答品
車のコスト車両維持費10,000円
ガソリン18,000円
駐車料金4,000円
水道光熱費電気代9,000円
ガス代7,000円
上下水道代6,000円
住居費家賃・地代78,000円
家具・家電11,000円
修繕費
各社保険料自動車保険
社会保険料14,000円
健康保険料6,000円

食事に関する出費の影響は大きくなるため、最終的な判断をするために残ったお金でやりくりする事を考えましょう。

家計を見直したいなら、まずはしっかり支出を把握すること。このように、1ヶ月あたりの支出表を作成します。

必要なもの、不要なものを見極めるべし

支出を把握して生活費が足りないと節約を考え始めたら、最初に頭に浮かぶことは食材や日用品のことではないでしょうか。実際に毎日の生活に直接関わることから、節約しやすいものでもあります。

生活費が足りない チェックリスト

生活費が足りないなら使い捨てのものは買わないこと

生活費が足りないなら使い捨てのものを買い控えることから始めましょう。ティッシュペーパーや除菌ペーパー、キッチンタオルなど生活する中で使い捨ての物は周りにあふれています。

便利で手軽に使えるという意味では、ついつい手にとってしまうもの。しかし節約を考えた時に「必ず必要か?」というと、なくても生活できるものです。

汚れをふき取るなどの使い方をするのであればハンカチやハンドタオルで十分ですし、便利だと思っていたものを見直してみると、意外となくても生活できることに気づきます。

自動販売機のペットボトルそれって必要?

生活費が足りないなら使い捨てのものを買い控えろと言いましたが、特に暑い夏には目に入るとつい買ってしまうコーヒーやお茶。それは本当に必要でしょうか?

最近では、サラリーマンやOLの人たちもマイボトルを持参して出勤している姿を目にすることも多くなりました。

中身は自宅のお茶やお気に入りの紅茶やコーヒーなど人によってそれぞれですが、マイボトルを1本持参しているだけで1日150円程度は浮くため、それが毎日続くとかなりの節約になることが分かります。

1本当たりは少額でも、毎日続くと大きな差となって現れますよ!

生活費が足りないなら水道代の使い方を考える

生活費が足りないならまずは水道代を見直してみましょう。

生活費が足りない 水道代

私たちは蛇口をひねれば水が出てくる生活に慣れてしまっていますが、水が欲しいだけ出るという事は当たりまえではなく、水は決して無料ではありません!

お風呂の残り湯の有効活用

生活費が足りないなら洗濯はお湯の残り湯を使う。主婦の方であればあたり前かもしれませんが、お風呂の残り湯は流してしまってはムダになってしまいます。

お風呂の残り湯を洗濯や掃除の際に再利用することで、余計な水を使わずにすみます。鉢植えや草木の水やりにも是非活用しましょう。

また、ついつい出しっぱなしにしてしまうシャワーですが、生活費が足りないのであれば洗面器や手桶を活用してシャワーの無駄使いを防ぐと、月々の水道代はかなり節約することができます。

キッチンの節水をしよう

キッチンは、トイレや洗面所、お風呂に次ぐ水量を使う場所だと言われています。キッチンでの節水を考えるのであれば気を付けたいことは以下の通りです。

溜め洗いが基本!

生活費が足りないなら水を出しっぱなしで洗い物をするのはNGです!ため洗いをした後すすぐだけで大幅な節水となります。

お米のとぎ汁の活用

お米をといだ後のとぎ汁はそのまま流すことなく洗い物に活用しましょう。

食器洗い乾燥機は意外と使える

食器洗い乾燥機は一見水量が必要となりそうですが、手洗いに必要な水量の10分の1だと言われています。初期費用はかかりますが長期的に見ると節水に繋がりますよ!

元栓を締める

電気やガスと違ってあまり知られてはいませんが、各家の水道には元栓があります。元栓を少し締めておくことで、通常と同じくらい蛇口をひねったとしても水の量を抑えることができます。

生活費が足りないなら電気の使いかたも考えよう

生活費が足りないなら電気代も見直しましょう!

節電の必要性を耳にする機会も増え、日常から節電意識が高いという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

家電量販店などで販売されている電化製品も、省エネやエコを掲げていることが多く、いかに少ない電力でハイパフォーマンスを発揮できるかどうかが求められる時代ともなっています。

契約を見なおす

電気やガスなどの光熱費は、一度契約した後は見直すことはあまりありませんが、実はそれが落とし穴となっていることをご存じですか?

というのも、電気代の節約法の中で最も効果があるのは電力の契約を見直すことと言われているんです。

今後電力自由化がますます本格化し、自分に最も合った電力会社を見つけることが求められます。これをいい機会として、契約の見直しをオススメします。

古い電化製品は買い替えを

生活費が足りないから昔買った電化製品をずっと使っている、というご家庭も多いかと思います。「買い替えると高いから=節約」という気持ちで使っているかもしれませんが、実は古い電化製品を使っているだけで節電どころかなんの節約にもなりません。

最近では省エネ・エコ家電や、長期間にわたって使用することのできるLED電球が普及しています。

最新の家電は従来よりもはるかに少ない電力で稼働する能力を持っていることからも、新しい電化製品に買い替えるだけで節電が可能となります。生活費が足りないからこそ、一度長い目で見て家電製品を見直してみましょう。

昼間の在宅は避ける

一般的に、夜間に比べて昼間の電力は高く設定されています。

そのため、電力が高い昼間は買い物や外で用事を済ませたり、図書館などの涼しい場所に出かけるなどすることで簡単に電気代を抑えることができます。

クレジットカードの利用を控えよう

生活費が足りない。そんな時、手元に持ち合わせがなくても買い物が可能なクレジットカードは、とても便利でついつい使ってしまいますよね?

生活費が足りない クレカ

クレジットカードには便利であることだけでなく、使うことでポイントが溜まるという魅力的なシステムがあります。

しかし、闇雲に何でもクレジットカードを使いすぎると意外と浪費していることになりかねないのです。

固定費の支払いはクレジットカード

ただし、生活費が足りないならクレジットカードを控えろと言いましたが、これは全てに言っている訳ではありません。

例えば、電気代などの光熱費や保険料などの固定費。
これらはクレジットカードでの支払いをオススメします。
というのも毎月決まった場所に振り込むのであれば、クレジットカードの支払にした方が手間もかからず便利だからです。

一度クレジットカード払いにすると継続的にポイントが溜まることから、節約効果にも繋がるので、まだ現金や口座引落しにしているという方はこれを機に見直してはいかがでしょうか。

年会費が有料な所を使っていないか

クレジットカードによっては「永久的に年会費無料」というものもありますが、中には1年間に一定額以上の利用が必須となっているクレジットカードもあります。

「使っていなかったのに請求がきた」というケースは、実はその請求は年会費だったということもよくあります。お手持ちのクレジットカードの年会費については事前によく調べておくことをオススメします。

生命保険の見直しをしてみよう

ここでいう保険とは、民間の医療保険・がん保険・生命保険のことです。

保険の種類保障内容
医療保険被保険者(保障の対象となる人)が病気やケガで入院・手術をした場合に給付金を受け取れる。
3大疾病(主にがん・急性心筋梗塞・脳卒中)にかかったときに一時金を受け取れることも。
がん保険被保険者ががんになった場合、あらゆるタイミングで給付金を受け取れる。
例)診断時・手術時・入院時・通院時
生命保険被保険者が死亡する・重い障害を負うなど所定の状態になったときに給付金を受け取れる。
満期まで死亡していない(障害も負っていない)場合は満期保険金を受け取れる保険もある。

昔契約した生命保険を当たりまえのように継続していることも多くありますが、ライフスタイルの変化に応じて生命保険もより今の生活にあったものに更新する必要があります。

保険料は適正額か?

もしもの時の備えとして必要な保険ですが、保険料が高すぎる・適正額ではないことで生活費が足りなくなっているようでは意味がありません。

一般的に、2001年の自由化以前に契約した保険は保険料が高く設定されていることが多く、同様の内容であっても最新の保険に変えることで保険料を抑えることができる場合もあります。

保障が手厚く、なおかつ割安な保険を探して、月々の保険料の節約が可能となります。

ムダな特約をつけていないか

保険の外交員や保険会社の社員は特約を勧める傾向にあります。もちろんそれが悪いものというわけではありませんが、生活費が足りないのに何でも契約していたのでは月々・年間の保険料は高くなる一方です。

保険の見直し

特約の中には契約者が損をしてしまうものや、全く意味のないもの、他の保険と内容が重複している場合もあるので、一度本当に必要なものか確認するようにしましょう。

保険はその場で契約する必要はない

保険についての知識がない人にとって、どの保険が一番自分に合っているのかは分からないことって多いですよね?

その結果、結局外交員や窓口で担当してくれた人の言う通りの契約にしてしまうことが多くあります。

全ての外交員や窓口担当の人がそうというわけではありませんが、保険会社の人にも会社や自分の利益となる商品や、売り出し中の商品があり、そういった商品を勧めたいと思うのは団体に所属している者として当然のこと。

しかし、生活費が足りない自分が今から保険を契約しようと思っている身からすると、あくまで自分に合った保険を選びたいと思うでしょう。

そのため、保険について気になる点や、良く分からない点については分かるまで何度も確認しましょう。

可能であるならば、その場で契約はせずに一度家に持ち帰って家族に聞くなり詳しい人に意見を求めるなりして、自分にとって最適の保険と出会うまで粘ることでムダのない節約が可能となります。

生活費が足りないなら新聞・雑誌など必要か見直そう

新聞は毎日自宅に届くもの。というイメージがありますが、果たしてこれも本当に必要でしょうか?

雑誌や書籍は暇つぶしに購入することが多くありますが、本当に必要で購入しているとは言い難いのではないでしょうか。

新聞の契約を切るのもあり

よほど最新の経済情報を知る必要がある職種であったり、新聞を読むことが毎日の幸せだという人以外は「新聞は何となくあるもの」と捉えがちです。だとしたら、生活費が足りない今、その新聞は必要あるでしょうか?

最近ではテレビ欄の情報誌で得ることが出来ますし、インターネットやテレビで最新の情報を簡単に得ることができます。

新聞を読むことで知識や情報は増えますが、何かで代用することもできるのではないか見直してみましょう。

図書館の利用をしてみよう

書籍や雑誌はついつい手にとってしまいがちですが、何冊も購入すると意外と高額になります。

何度も読み返すものであれば購入して手にしたいという気持ちは分かりますが、生活費が足りないなら出来る限りは購入しない方法を探してはいかがでしょうか。

図書館

例えば、図書館や公民館で借りられる書籍で代用することもその方法の一つです。無料で借りて知識もつき、節約もできるのであれば是非取り入れたい方法です。

生活費が足りないなら「格安SIM」への乗り換えを

生活費が足りないなら携帯代は携帯電話会社を大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安SIMへの乗り換えで抑えることができます

格安SIM会社は、電波塔などの設備費用や人件費がかからないため、消費者に料金を安く提供できます。

現在ドコモ・au・ソフトバンクと契約しているけど、毎月の支払いが厳しいという人は特に必見ですよ。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた人の料金推移
前→今の携帯会社料金
ソフトバンク→UQモバイル8,000円→2,000円
ドコモ→mineo7,000円→2,000円
au→mineo9,000円→3,000円

おおよそ月々5,000円~6,000円程安くなっていますよね。

ただし、格安SIM会社は電波回線を大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から買い取ったり、借りたりしているので通信速度は少し遅くなります。

なので通信速度やサービスよりも生活費が足りないからとにかく価格を下げたいという人におすすめです。

自動車に乗る頻度を考える

地方に住む人にとっては特に移動に便利な自動車ですが「どれくらいの頻度で利用しているか」まず考えてみましょう。

車とお金

便利であると同時に自動車を所持するためには維持費がかかります。年間にすると高額となるため、本当に必要かどうかをまず考える必要があります。

車の維持に必要なお金
  • ガソリン代
  • 自動車保険
  • 車検代
  • 自動車税

当たりまえに毎年払っていても、本当に必要か考えてみてください。自動車を持たないことでその分のお金を貯蓄に回したり、家族でレジャーを楽しむお金の余裕が生まれます!

家族の娯楽・レジャーは早割を!

生活費が足りない中でも家族で行くお出かけや旅行はとても楽しみにしているかと思います。

そんな楽しみのレジャーはリフレッシュでもあり、欠かすことはできません。ただし、そんなレジャー費用も節約することは可能です!

「早割」「○○日前割引」何事も早めの行動がカギ

旅行の予約やチケットの前売りなど、レジャーに行くと決まったらまず予約が鉄則です。旅行だと「早割」「○○日前割引」など、早くに予約しているだけで料金が割引になります。

また、遊園地や映画のチケットはコンビニで簡単に購入できる上、最近ではフリマアプリやオークションなどでも安く購入する方法があります。

たまにはお金を使わずに楽しもう

レジャーといえば出かけて外食をするというイメージがありますが、お弁当やスポーツ用品を持って公園に出かけることも立派なレジャーですよね?

もちろん、毎回こういったレジャーでは飽きてしまうかもしれませんが、支出が多かった月や遠出を楽しんだ後はといったように、たまに試してみると意外と楽しめるのではないでしょうか。

一時的に生活費が足りない状況をしのぐには

生活費が足りないとは言え、とりあえず給料日などのお金が入ってくる日まで、なんとか生活しなければなりません、そこで、ここからはまずはすぐに生活費を用意する方法について説明していきます。

キャッシングを利用する

生活費が足りない人への便利なサービスとして、カードローンのキャッシングはカード一枚でお金を借りることのできる金融商品です。

申し込みやカードの発行さえ済ませてしまえば、近くのコンビニATMで手軽にお金を借りることが出来ます。

キャッシング

大手の消費者金融などのものであれば、申し込んだその日のうちに借りる事ができるのでスピードにも優れています。

消費者金融と聞くと借金や闇金のような高金利や強引な取り立てを思い浮かべてしまう人もいるかもしれませんが、法律に則って運営されているきちんとした会社なので安心して利用することが出来ます。

借金した分金利もかかってしまうので、あまり長い期間借りるのには向いていませんが、給料日まで持たせられればなんとかなるといった、予定が立てられる人にはおすすめです。

また、会社によっては、初回利用時のみ一定期間無利息などの特約を設けている所も多く、金利無しでお金を借りることも出来ますよ。

不用品を売る

日頃から整理整頓を頻繁にする方であれば違うかもしれませんが、そうでない人はついつい要らないものでも持ったままになっていたりするのではないでしょうか。

家の中を整理して、使わないものや売れそうなものを探してリサイクルショップに売れば、家がきれいになって生活費が足りない時にお金も手に入るので一石二鳥です。

時間がない時はリサイクルショップに持っていくのが一番ですが、もし少し待てるような場合はオークションにかけて売ったほうが高く売れます。

また、家を整理すると落ちているお金を見つけたり、部屋がスッキリすること精神的にも余裕が出たりするので、とりあえずやってみて欲しい方法です。

副業や短期間のバイトをする

生活費が足りない時に収入を増やすなら、副業やバイトをして稼いでしまおうというものです。

バイトと言っても長期間のバイトをしてしまうと生活スタイルに大きな影響が出てしまうかもしれないので、日雇いなどの短い期間のバイトがおすすめ。

物を売るに比べて、どれだけお金が手に入るか計画を立てやすく、借金と違って返さなくていいという利点もあります。

ただ、比較的肉体労働の仕事が多いことや、多く時間を取られるバイトが多い傾向にあるので、人によって向き不向きが大きく別れる方法です。

もし、ある程度体力に自信があって、時間をある程度自由に使える人であれば、おすすめの方法といえます。

生活費が足りない人におすすめしたいこと(まとめ)

生活費が足りない時に節約を考え始めた人、節約しよう!と思っている人に知もらいたいことは、最初に生活のあらゆるところを見直すということです。

節約

実は、思ってもみなかったことでも始めてみることで、簡単に生活費が足りないという悩みが達成できるかもしれません。

できそうな対処法を全部やってみると、一つ一つは効果が薄いかもしれませんが、積み重なれば大きく節約できる様になるはず。

節約を続けることで余裕が出来た時に貯金をしておくと、何か急な出費があるときに対応できますよ。

借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミスアイフル
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ
アイフル
アイフル公式へ

TOP→初めてお金を借りるならどこがいい?