パート・アルバイトでも借りれるカードローン

主婦でパートタイマーの人でお金が急に必要になった時、もしくは学生でアルバイトのキャッシング・カードローンを考えている人は「お金を借りれるところが少ない」と思っているかもしれません。が、毎月安定した収入があれば消費者金融でも借入を受けることは可能です!この記事ではアルバイトやパートが借り入れできるカードローンをまとめています。
借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミスアイフル
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ
アイフル
アイフル公式へ

パート・アルバイトでもカードローン申込みはできる!

この年収じゃ、カードローンの申込みしても無理かなぁ…パート(アルバイト)だし…、なんてお悩みの人いませんか?

確かに、あまりに低すぎる年収は審査落ちの原因になりますが、一定の収入があれば、パートやアルバイトでもカードローンは利用可能なんです!

パート カードローン

実は、カードローンの審査は、年収の多い少ないよりも、別のことを重視しています。

それは何か、どうすればパート・アルバイトでもカードローン申込み、審査通過ができるか、1から解説していきます!

まずは当てはまる?カードローンの申込み条件

カードローン審査のポイントは「収入があるかどうか」が重視されているため、パートやアルバイトでも一定の収入があれば、カードローンの審査から契約まで可能です。

また、カードローン審査を申し込む場合、「本人情報」「自宅情報」「勤務先情報」「他社借入情報等を記載しますが、利用するためには以下2点がポイントです。

  • 安定した収入があるかどうか
  • 他社からの借入があるかどうか

安定した収入があるかどうかは、銀行カードローンや消費者金融がチェックをするポイントの1つ。

例えば、5万円を借りたいと思っている人の収入が、今月は20万、来月は5万、再来月は8万といった不安定な収入であれば、お金を貸す側としては毎月安定して返済してくれるのだろうかと不安になりますよね。

反対に、収入が毎月13万円と安定していれば、返済能力があると融資する際にプラスに判断してくれるでしょう。

つまり、何らかの収入があれば、カードローンは可能なのです!

パート・アブバイトのカードローン

しかし、全くの無職の場合は、申込みの時点でお断りされます。収入がゼロなのですから、たとえ申込み日の次の日から働くことが決まっていようと、申込み時点で無職ならば借りることはできません。というか、まず返済が不可能ですよね。

カードローンの基本中の基本は満20歳以上、返済能力があること、仕事をしていることです。これはひとつでも満たしていなければ借入審査どころか申し込むことさえできません。

逆に言えば、正規雇用でなくとも、フリーター、派遣社員でも、働いていれば最初の関門は突破できるので安心してください。

消費者金融と銀行アルバイトにおすすめはどっち?

パートやアルバイトが借りれるなら消費者金融or銀行カードローンどっちがいいのと思う方のために、三菱東京UFJ銀行とプロミスを例にしてパートでお金を借りるならどっちがいいかをご紹介。
まず申込み条件については、前述通り個人に安定した収入があれば申し込みができます。

  • 三菱東京UFJバンクイックは金利が年1.8~14.6%、限度額の最高は500万円で、テレビ窓口で契約をすれば即日融資も可能です。
  • プロミスは金利が4.5%~17.8%で限度額は最高500万円で、来店不要のweb完結での手続きもできます。

また、プロミスでは初めて利用した人が申込みをして融資可能となった場合、30日間の無利息期間を利用できます。
なので30日以内に完済すれば利息は0円!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

総じて見ると。銀行カードローンの方が金利低いですが、消費者金融でプロミスのように初めて利用特典があり、短期で完済できるのであれば、パート主婦の方は消費者金融の方にメリットがると考えていいでしょう。

もし借入金額が大きくて数ヶ月以上返済に掛かるようなら金利が低い銀行カードローンを利用するといった具合です。

各金融機関の特徴をまとめると以下の通り。

審査項目銀行カードローン大手消費者金融中小消費者金融
信用情報厳しい厳しいやさしい
他社借入厳しい普通普通
在籍確認厳しいやさしい厳しい
無職一部利用可利用不可利用不可

アルバイトやパートがカードローン審査で気を付けたいポイント

消費者金融でも銀行系カードローンでも、必ずあるのが「審査」です。この審査は、金融機関によって細かな基準は異なりますが、次の項目によって融資可能か、不可か、融資限度枠をいくらにするかを振り分けています。

キャッシングの審査基準
  • 職業、職種
  • 勤続年数
  • 居住年数
  • 年収

これらの項目を、「属性」と呼びます。この属性が高ければ高いほど、信用度が上がり、融資限度枠も高くなっていきます。

年収が高くても、歩合制などのように月々の収入が一定でない職業だと、返済が滞る可能性ありと判断されることがあります。

逆に、年収が低くても、毎月決まった収入があれば、アルバイトやパートさんでも審査に通過しやすくなるのです。

属性の中で最も重視されるのは、ズバリ、勤続年数と居住年数です。この2つは、年数が長ければ長いほど、「安定した生活をしている」=「返済能力が高い」と判断されます。
勤続年数、居住年数の大まかな審査通過基準は次の通りです。(各金融機関によって細かな違いがあります)

消費者金融銀行系キャッシング
勤続・居住年数6ヶ月~1年以上 勤続・居住年数1年~3年以上

年収が高くても、勤続年数が1~2ヶ月だったり、引っ越して間もない頃だと、借入が難しい場合があります。信用度、つまり社会的信用がまだ低いわけです。

ですが年収が低くても、パート・アルバイトでも、勤続年数が長いと信用度が上がり、審査に通る可能性が高くなります。

アルバイトやパートは収入が低いから不利?

カードローンの審査申し込みで気を付けたいポイントは以下の通り。

point!
  • 申込みフォームで年収など嘘を書かない
  • 同時に複数社申込みをしてしまうと審査に不利
  • 他社借入件数や借入金額が多いと審査に不利になる
  • 虚偽の申告をするとバレてしまう

カードローンの審査通過を確実にしようとして「収入を多めに申告する」「勤務先を偽る」「勤続年数を誤魔化す」とバレてしまう可能性があります。

審査では申し込みがあった際に、信用情報機関から個人の信用情報を得て、申込み内容と照らし合わせて確認をおこなっています。

信用情報とは、信用情報機関に登録されている、あなたのクレジットカードやカードローンの申込情報や他社の借入情報などのことです。

カードローン会社は、提携する信用情報機関のデータベースにアクセスして、情報を参照することができるので、虚偽の申告があった場合は必ず見破られてしまいますよ。

もし、審査担当者に嘘がバレてしまった場合は、審査に通らないこともあるので注意してください。また、誤字や脱字がある場合も同様に審査に影響してしまうので気を付けましょう。

申し込みブラックになっている

カーローンは他社と情報共有をおこなっているため、利用申し込み者が直近でカードローンに申し込んだ件数もわかります。

利用申し込み者が"直近1ヶ月以内に3社以上に同時申し込み"をしていると、審査落ちの対象になります。

なぜなら同時申し込みをする人は「極度に金銭面で困っている人」と考えられ、返済能力の面で懸念があるためです。

もし、審査担当者に嘘がバレてしまった場合は、審査に通らないこともあるので注意してください。また、誤字や脱字がある場合も同様に審査に影響してしまうので気を付けましょう。

アルバイト・パートの融資限度額はいくら?

アルバイトと一言でいっても立場は様々ですよね。

学生なら学業があるので月々5~6万円程度の収入が平均になっています。

パート主婦なら扶養内で抑えたいので月々7~8万円程度の収入を希望している人も多くいることでしょう。

他にも、こういった立場ではなくアルバイトで生計を立てている人では正社員並みに月々20万円近く稼いでいるという人もいるでしょう。

そのためアルバイトはカードローンでいくら借りれるのかと言えば、働いている立場によってずいぶん差が出てきます。

参考程度に表にしてみると以下とおり。

アルバイトの立場学生主婦その他
月収4万円~5万円7万円~8万円15万円~20万円
年収約60万円約90万円約210万円
借り入れ可能額約20万円約30万円約70万円

もちろん学生でも主婦でもないけど、そんなに稼ぐ必要が無いので稼がないという人はもっと収入が低いでしょうし、学生でも生活費を自分で稼いでいるという人はもっと収入が高いですよね?

アルバイトのカードローン限度額はいくらかと言えば、単純に最大で年収の1/3までだと覚えておきましょう。

新規カードローン申込の場合はどうなるの?

ただし、新規申込みの方は、借入限度枠が最少枠になりがちです。社会的信用が高くても、カードローン側の信用、つまり返済実績が分からないからです。

アルバイト パート カードローン

社会的には立派でも、私生活はだらしない、という人は少なくありませんよね。

ですから、最初は低額から様子を見て、きちんと返済する人かどうか、判断する期間が必要なのです。

また銀行系カードローンは、パート・アルバイトの方は最高借入限度枠が制限されている場合がほとんどです。消費者金融よりも審査が厳しいと言われる要因の1つですね。

しかし銀行系カードローンの審査に通れば、金利が安くて済みますし、信用度が高いと判断されていると言っても過言ではありません。即日融資が可能な銀行系カードローンも増えているので、申込みにチャレンジしてみる価値は充分にあります。

アルバイトを始めたばかりでもカードローン融資してもらえるの?

カードローンの申込時、勤務先・勤務年数、給与形態・年収等を記載します。

アルバイトを始めたばかりの人は、収入の実績がない、少ないというところから、審査に通りづらい点はあります

貸付の際には勤続年数の長さが収入の安定性を図る一つのポイントとなるからです。

逆に年収がそれほど高くなくても安定した収入と勤続年数の長さはアルバイトと言えども確実にプラスのポイントとなります。

同じ会社であっても入社3か月目の社員よりも年収が低くとも2~3年以上勤務しているアルバイトの方が信用度が高いとみなされることもあるようです。

ただしアルバイトの方が、カードローンを利用できるかどうかについては完全にNOではありません。

利用できる金額が低くなることも考えられますが、銀行カードローンや消費者金融の求める条件さえ整えば融資は受けられるのです。

アルバイト・パートでもカードローンの保証人は必要?

カードローンは無担保・無保証人が基本ですが、契約上まれに保証人を求められることもあるようです。

保証人を求めるということは、契約者単独の条件では融資が厳しいが、保証人がいれば契約が出来る可能性が高いとみることができます。

保証人が必要な例として、借入を希望する人の一定の収入はあるけれど、職業が学生の場合は保証人をたてるケースがあるようです。

アルバイトの方がカードローン審査に通るためには?

アルバイトの人がカードローンの審査に受かるには、当然ながらカードローンを申し込む際に記載する事項がより良い状態であることが求められます。

つまり、勤務年数であれば1か月でも長く、年収(時給)であれば1万円でも高く、アルバイトの中での地位、職位がある場合には、より位が高い状態で申し込みを行うと良いでしょう。

また、審査に必要な書類として人確認できるもの(運転免許証、健康保険証など)収入を証明できるもの(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)を準備の上、申し込み手続きを行うことで手続きもスムーズに行うことができます。

在籍確認はパート・アルバイト先に電話がくるの?

多くのカードローン業者は、勤務先へ電話で在籍確認を行っています。電話での確認がない場合(Webでの申し込み)の条件の一例としては

  1. 指定の銀行口座がすでにある
  2. 会社名の記載のある健康保険証がある
  3. 収入証明書がある
  4. Webから申し込む

などがあり、カードローン会社によって求められる条件が違ってきます。

在籍確認をアルバイト先にバレずに行う方法については「バレないキャッシングの方法【親・家族・職場バレ0!】」に書いているので参考にしてみてください。

これで借りられる?パート・アルバイトでも借りられる条件

借入の条件
  • 勤続年数、居住年数が最低でも半年以上あること(できれば1年以上が望ましい)
  • 申込み書の記入ミスをしないこと
  • 他社からの借金をしていないこと
  • 過去7年間に返済の滞りがないこと

これらの条件を全てクリアしていれば、パート・アルバイトでもアルバイトでも、カードローンは可能なのです。

けれども、実は借りられるか、ではなく、余裕をもって返済できるかの方が重要です。

10万円まで借りられるから10万円いっぺんに借りちゃおう!とすると、月々の返済が大変になるのは明白です。

ましてや、総量規制上限いっぱいに借りようとすると審査落ちする可能性が高くなってしまいます。

必要な時に、必要な額だけ借りて、返済は早めに済ませる。
これが、年収が低くてもカードローンを上手に使うコツです。

パート・アルバイトでも申し込みができるカードローン一覧

借入3社目までならこちらがおすすめ!
SMBCモビットプロミスアイフル
SMBCモビット

SMBCモビット

プロミス
プロミス公式へ
アイフル
アイフル公式へ
カードローン金利(年率)借入限度額(契約極度額)
消費者金融アイフル3.0~18.0%最大800万円
アコム3.0~18.0%1~800万円
プロミス4.5~17.8%1~500万円
SMBCモビット3.0~18.0%1~800万円
レイクALSA4.5~18.0%1~500万円
J.Score0.8~12.0%10~1,000万円
都市銀行みずほ銀行カードローン2.0~14.0%10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8~14.6%10~500万円
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%10~800万円
りそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」3.5~12.475%30~800万円
ネット銀行楽天銀行カードローン「スーパーローン」1.9~14.5%10~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン0.99~14.79%10~1,200万円
オリックス銀行カードローン1.7~17.8%最高800万円
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」1.7~17.5%10~800万円
ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」2.5~18.0%10~1,000万円
ソニー銀行カードローン2.5~13.8%10~800万円
流通系銀行イオン銀行カードローン3.8~13.8%10~800万円

 

TOP→初めてお金を借りるならどこがいい?