キャッシングエニーに総量規制で悩む人が借入する方法

フリーローンからビジネスローンまで柔軟に対応しているキャッシングエニーですが総量規制で悩む人がキャッシングエニーで借入するには?特徴や審査基準についても触れています。

総量規制で悩む人がキャッシングエニーで借入するには?

キャッシングエニーは、自己破産の経験者や債務整理中でも申し込み可能という口コミ・評判があり、おまとめローンについても高い評価を得ています。

キャッシングエニー

特徴は何と言っても、事故歴のある場合に柔軟対応してくれることに加え、フリーローンからおまとめローンまでに適したスペックの高さ

とはいえ、キャッシングエニーなどの貸金業者では「貸金業法」という法律が適用され「総量規制」が原因で審査で弾かれることもあります。
また、例え年収の1/3を越していなかったとしても、既に上限に近い状態で申込んだ場合でもキャッシング審査に落ちる可能性があるようです。

「それでもどうしてもお金を借りたい」そんな時はどうすればよいのでしょうか。
今回は消費者金融キャッシングエニーの総量規制と対策法をまとめています。

キャッシングエニー 時間に余裕のない人必見のキャッシング


キャッシングエニー

申し込みはネットから24時間受付可能
1万円~100万円までご融資可能
最短30分のスピード審査
最短で即日融資も可能
過去に債務整理など事故がある人も申し込み可能!

エニー

キャッシングエニーは「総量規制」の対象

まず、前提として日本国の法律である貸金業法では「総量規制」という貸出し制限があります。

消費者金融カードローンの総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

引用:日本貸金業協会『総量規制とは』

2010年に完全施行された貸金業法により、新たに「総量規制」という決まりが設けられました。

総量規制の基準となる年収について

「総量規制=年収の3分の1」ということを知っている人は多いのですが、総量規制の基準となる年収について正確に理解している人はあまり多くありません。

ですので、一度自分の借り入れを総量規制対象と対象外で整理してみることをおすすめします。

総量規制の基準となる年収は、給料以外に下記のものがあります。

  • 年金
  • 恩給
  • 定期的な不動産の賃貸収入(事業として行う場合は除く)
  • 年間の事業所得(状況に照らして安定的と認められるものに限る)

貸金業者とは、お金を貸すことを業務としている財務局、又は都道府県に登録をしている業者のことで、消費者金融会社やクレジットカード会社などが貸金業者にあたります。

クレジットカードの場合はキャッシングが対象となり、商品を購入するショッピングは対象外です。

また、銀行や信用金庫、労働金庫などの融資は総量規制の対象となっていません。
これらの金融機関は銀行法などで融資条件が定められているためです。

このように、給料以外にも総量規制の対象となるものがあるので注意が必要です。

キャッシングエニーの審査申し込みでの注意事項

総量規制はこの貸金業者に該当する業者からの借入を対象としていることから、キャッシングエニーの借入は総量規制の対象となります。

従って、キャッシングエニーから借入する場合には年収の1/3までが借入することができる上限となり、この上限はキャッシングエニー1社からだけでなく他の貸金業者からの借入も含めた総額で年収の1/3を超えることはできません。

キャッシングエニーが借入の2社目や3社目となった場合、他の借入状況によっては規制の上限を気にしなければならないことになるので総量規制を越えた額を希望して申し込まないように注意しましょう。

ただし収入のないはずの0円の専業主婦ですが、専業主婦だけは総量規制のあるキャッシングエニーで借入を行うことが出来ます。

その秘密は「配偶者貸付」という規定にあります。

総量規制の対象外となる「配偶者貸付」とは

キャッシングエニーをはじめとする中小消費者金融の中には、今でも専業主婦が利用できるところもあります。

それは、「配偶者貸付」という総量規制の例外を適用しているためです。

配偶者貸付とは、配偶者の年収と合わせた金額の1/3までなら借りられるというもので、専業主婦の場合はつまり、夫の年収の1/3までの借入が可能という規定です。

専業主婦でも「配偶者貸付」

融資審査例①

  • 夫:年収600万円、借入0円
  • 妻:年収0円、借入0円

この場合、夫の年収である600万円の3分の1にあたる「200万円」まで借りることができます。

ただし、仮に妻が200万円の借金をした場合、夫は貸金業者から借金することができなくなります。

融資審査例②

  • 夫:年収500万円、借入50万円
  • 妻:年収0円、借入0円

この場合、夫の年収である500万円の3分の1にあたる「166万円」まで借りることができます。

ですが、夫が既に50万円の借入があるため、それを差し引いた「116万円」まで借りることができます。

でもこれは、夫も妻も他に借入れがまったくない場合のことで、もし夫がすでに100万円の借入れがあったりすると、それで借りられる上限金額の枠を使い果たしていることになるので、妻は1円たりとも借り入れできないということになります。

このように配偶者貸付の制度を利用することで、無収入の専業主婦でも消費者金融から借り入れできる可能性がありますが、実際には申込みを受け付けている所は少ないです。

大手消費者金融では、収入が全くない専業主婦では申込みができません。

この辺りが中小企業の消費者金融の強みとも言えますが、キャッシングエニーは「配偶者貸付」という例外の規定を適用しているため、配偶者に安定した収入がある場合には、配偶者の収入の3分の1まで借りることが出来るようになっています。

お金がないけど総量規制でキャッシングエニーで借りれない時は?

キャッシングエニーは、自己破産の経験者や債務整理中でも申し込み可能という口コミ・評判があり、おまとめローンでも定評があります。

おまとめローンは正式には、「借換ローン」と呼ばれ、他社の借入れ件数が3件以上の場合にキャッシングエニーで申し込むことができます。

キャッシングエニーのおまとめローンを検討してみる

キャッシングエニーでは"総量規制の対象外"となるおまとめローンを提供しています。

総量規制の対象外となっている理由は、おまとめローンは、規制の「例外」に該当する「利用者が一方的に有利となる借入」という条件を満たすことによって借りることができるローンだからです。

おまとめローンは多重債務者救済のようなものであり、このローンを利用する人は多重債務者であるケースがほとんど。

複数者に借り入れを行っている人が、おまとめローンを利用することはその人にとって多くのメリットを得ることができます。

要約すると、

  • 毎月の返済額の負担が減る。
  • 毎月の支払利息の負担が減る。
  • 担保、保証人は必要なし。
  • 計画的に残高を減らしていける。

複数社の返済を1本化するため、金利が下がることが多く、それによって返済額自体もかなり楽になるのはありがたいですね。

キャッシングエニーの貸金業法に基づく借換ローン【総量規制対象外】

融資金額50万円~500万円
実質年率5.0%~15.0%
総量規制対象外
担保・保証人不要
返済方式元利均等返済方式
返済期間最長30年

なお、このローンで借換えすることができるのは貸金業者からの借入だけとなります。

銀行からの借入やクレジットカードのショッピングは借換えすることができませんので注意しましょう。

総量規制で悩む人がキャッシングエニーで借入する方法(まとめ)

消費者金融によってはおまとめローンを提供していないところもありますが、キャッシングエニーでは総量規制対象外のローンを提供することによってより多くの人が利用でいるようにしています。

融資が100万円以上になると、上限金利は年率15%になるので、複数社の借入をキャッシングエニー一社にまとめる事で、毎月の支払利息を削減する事が出来ます。

又、「おまとめローン(借り換え)」は、総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超えた融資が可能です。

一本化することで、毎月の返済額が1万円でも安くなるのは大きいですよね。

複数社から借入をして総量規制で悩んでいる人は、借換ローンの利用を検討してみると今の生活がもった楽しくなるかもしれません。

キャッシングエニー 時間に余裕のない人必見のキャッシング


キャッシングエニー

申し込みはネットから24時間受付可能
1万円~100万円までご融資可能
最短30分のスピード審査
最短で即日融資も可能
過去に債務整理など事故がある人も申し込み可能!

エニー