サンクスダイレクトで即日融資を実現する方法

消費者金融サンクスで即日融資を実現する方法

株式会社サンクスでの申し込み方法には、WEB申し込みとFAX申し込みと郵送の3種類が用意されています。

その中で、即日融資を可能にする方法が、サンクスダイレクトへのWEB申し込みかFAXでの申し込みになります。

当たり前のことになりますが、郵送ではサンクスダイレクトに申込書が届くまでに、数日間必要になりますよね?

WEB申し込みとFAXならどちらの方が即日融資がされやすいか、という差はないのですが

  • WEB上で情報入力をするのが苦手な人はFAX
  • 申込書をダウンロードして手書きで申込するのが手間と感じる人はWEB申し込み

が良いでしょう。

ここでは、あなたが最短即日で融資を実行できる為に必要な情報をまとめました。

サンクスダイレクトの審査時間は最短30分

消費者金融サンクスダイレクトの審査は最短30分で審査終了です。

申し込み時間や審査状況にもよりますが、早ければ当日中に審査の可否が分かります。

サンクスダイレクトの営業時間

サンクスダイレクトの営業時間は平日の9:00~18:00です(審査は営業時間内のみ)。

ちなみに申し込みの受け付けは24時間ネットで受け付けているので、忙しい人は、仕事が終わって自宅に帰ってからゆっくりと時間のあるときにネット申し込みをしておいて、営業時間内に連絡をもらいましょう。

サンクスダイレクトで即日融資を考えるのならば?

即日融資ということを考えているのであれば一日のうち、なるべく早い時間に申し込みをしなければいけません。

審査は30分といえど審査自体は営業時間内に行われるからです。

また、サンクスダイレクトは銀行での振込キャッシングとなるので銀行の営業時間の15時までに審査を終わらせる必要があります。

サンクスダイレクトで即日融資を目指すなら早い時間に申し込みを完了しよう

サンクスダイレクトはwebにて24時間申込を受付していますが、借り入れを行う場合は利用者の金融機関口座への振込となっています。

銀行への振込が反映される時間帯は、平日15時までとなっているため、それまでにサンクスダイレクトに連絡をいれなければいけません。

審査時間は最短30分となっていますが、それより時間がかかるケースもあり、申込を完了する時間は、なるべく早い時間帯までにするようにしなければ、振込が間にあわなくなってしまうのです。

その為、申込時に必要になる書類を事前に確認しておく必要があります。

サンクスダイレクトで即日融資を目指すなら必要書類の準備をスムーズに

申し込み際の必要書類

サンクスダイレクトでカードローンを申し込む場合には、必ず必要になる書類は「本人確認書類」と「収入証明書」になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

多くの人は運転免許証を持っている場合が多いので、運転免許証のコピーを提出すれば大丈夫です。

もし運転免許証が無い場合は、加入している各種健康保険証や、パスポートの提出で代用しましょう。

また、サンクスダイレクトでは「収入証明書」の提出も必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

現在の収入がどれぐらいあるかを証明しなければいけないので、上記のいずれかの書類をFAXにて提出しましょう。

すべて最新の書類で、給与明細書の提出では「直行2ヶ月分」の提出となるので予め用意しておくとスムーズに審査が進みますよ。

記載住所と現住所が違う場合は?

引っ越しなどした時には、運転免許証の住所変更が済んでいない場合がありますよね?

このようなケースでキャッシング審査をを申し込む場合、現在住んでいる住所で申し込むことになます。

しかし、提出する本人確認書類と住所が違うと審査を受け付けてくれないので、新たに提出書類が必要です。

この問題は現住所が記載されている公共料金の領収書や、納税証明書などを提出することでクリアすることができます。

サンクスダイレクトで即日融資を実現する方法(まとめ)

大手カードローンに落ちた人におすすめな即日融資対応の消費者金融

過去に債務整理や長期延滞の経験があったりするいわゆる「ブラックリスト」の場合、大手消費者金融では申し込みをしても秒殺されてしまいます。

そんなあなたにオススメしたいのが、即日融資も可能なサンクスダイレクトでのキャッシングです。

大手消費者金融にはないサンクスダイレクト独自の審査でお金に困ったあなたを助けてくれます。

ヤミ金を考える前に是非サンクスダイレクトでのキャッシングを検討しませんか?

TOP⇒初めてお金を借りるならおすすめはどこ?