トライフィナンシャルサービスの在籍確認について

トライフィナンシャルサービスの在籍確認についてわかりやすく説明しています。トライフィナンシャルサービスの在籍確認の方法や会社バレを防ぐ方法、また基本的な在籍確認の流れ、また審査の時間や流れについても触れています。

消費者金融トライフィナンシャルサービスとは

トライフィナンシャルサービスの審査ですが、中小消費者金融で専業主婦から債務整理者まで幅広い属性に対応しているということもあり「誰でも借りれる」と誤解をする人もいます。

トライフィナンシャルサービス

ですが、実際にはトライフィナンシャルサービスの審査も非常に慎重に行われているため、審査対策は欠かせません。

貸金業協会に属し、キャッシングサービスを提供している以上、トライフィナンシャルサービスも審査を厳しく行っています。

とはいえ事前にきちんと審査対策をしておけば、審査通過の見込みは十分望めるので、安心して下さい。

トライフィナンシャルサービス パート・アルバイト・日雇い等幅広い審査


トライフィナンシャルサービス

実質年率 9.85%~18.0%
限度額 1万円~300万円
申し込みはネットから24時間受付可能
最短で即日融資も可能!使い道自由!
担保・保証人不要!在籍確認も柔軟に対応
過去に債務整理など事故がある人も申し込み可能!

サンクスダイレクト

トライフィナンシャルサービスの審査では「安定した収入があるか」という点を慎重に確認されています。

過去に事故があったとしても、今現在安定した収入があれば、トライフィナンシャルサービスで借りたお金を返済できるという方針です。

逆にいえば、安定した収入がない人は返済能力がないと判断されるので、トライフィナンシャルサービスの審査通過が厳しくなります。

安定した収入と言っても必ず正社員である必要はありません。

パートやアルバイトの方でも収入に安定性があれば審査通過となります。

重要なのは"職業ではなく収入の安定性"なので、それを意識して審査にスムーズに通過できれば即日融資も見込めるのです。

トライフィナンシャルサービス融資前の審査での在籍確認は?

借入の基準が分かったところで、トライフィナンシャルサービスの審査に関して不安があるとすれば、在籍確認ではないでしょうか。

銀行やカード会社でのキャッシング審査の際には在籍確認が行われますが、その方法はあなたの職場に電話するという形で行われています。

ではトライフィナンシャルサービスの在籍確認はどのようにして行われるのでしょうか。

トライフィナンシャルサービスに在籍確認はある?

トライフィナンシャルサービスの在籍確認についてですが、その他の消費者金融や銀行カードローンと同じく在籍確認は必ずあります。

これは来店契約でも電話・ネット申込だとしても同じです。

他の消費者金融や銀行カードローンと同じく在籍確認は必ずある

トライフィナンシャルサービスのような中小の消費者金融は、比較的「借金がある人」がお客さんとしてくる傾向があるため、貸したお金を踏み倒されたり、ウソの申告をしてくる人が多いそうです。

そのため、勤務先で本当に働いているかを確かめるのは必須だそう。

ですから、在籍確認の電話が職場にかかってくるのは避けられないでしょう。

ただし個人名で電話をしてくれるので、トライフィナンシャルサービスで借り入れをしようとしていると会社内でバレることはありません。

また本人が電話に出ることができなくても、在籍確認は完了になります。

トライフィナンシャルサービスの在籍確認と審査

在籍確認は審査の一部分ですが、トライフィナンシャルサービスの審査の流れは次のようになります。

消費者金融「トライフィナンシャルサービス」の融資の流れ

  1. 申し込み
  2. 確認電話
  3. 書類送付(WEB経由)
  4. 審査(在籍確認も含む)
  5. 振込融資

上の流れはWEB申込みを行ったという想定です。

申込み直後の確認電話で申込みについての確認がありますが、ここで在籍確認の都合などを聞いてくれます。

そして、指定した日時に在籍確認の電話が職場に来ます。

トライフィナンシャルサービスの在籍確認の会話内容と所要時間

次に在籍確認でどんな会話内容が行われているのか所要時間はどのくらいなのか確認しておきましょう。
事前にこれらの情報がわかっていれば、何も不安に思う必要はありませんね。
あとは万が一のため、詮索してくる同僚への言い訳フレーズも用意しておきましょう。

トライフィナンシャルサービスの在籍確認は1、2分程度の会話で終わる

在籍確認で、会社にカードローンやキャッシングのことが知られてしまうことはほぼありえません。

それは会話の内容や時間を見れば明らかです。
>仮に会社の同僚が出た場合の会話の様子を再現してみましょう。

担当者「●●と申しますが、▲▲さんはいらっしゃいますか? 」

同僚「▲▲は本日は終日現場のため、明日の出社となります 」

担当者 「ありがとうございます。それでは、またおかけ直しいたしますので失礼します」

 

この程度の会話ですので、1、2分程度の短時間で在籍確認は終わります。

トライフィナンシャルサービスの名前もカードローンの要件も伝えていないので、これだけでの会話でキャッシング審査だと断定するのは難しいでしょうね。

また、本人が電話に出た場合でも、氏名や生年月日などの確認で終わりです。

中小企業の消費者金融だからといって会社名を名乗ったりすることはありません。
この辺りは大手消費者金融と同じだと考えてください。

トライフィナンシャルサービスの在籍確認 | 派遣は派遣元?派遣先?

まず、勤務先については申込書に注書きがあることが殆どなので、その指示に従うことになります。

カードローン会社やキャッシング会社によって「派遣元を」「派遣先を」と指示が違っているため、「こっちです!」と断定することはできません。

もし申込書にその指示がない場合は、直接の雇用関係にあり、お給料をもらっている「派遣元」を記載すると良いでしょう。

社会保険に加入しているとしても、源泉徴収票をもらっているにしても、全て発行されているのは派遣元ですから、まずは派遣元で申告をし、電話連絡が来て派遣先について申告が必要と告げられればその指示に従いましょう。

また勤務年数についても同様で、派遣先を勤務先として指示された場合は、勤務年数も派遣先での期間を書く事になります。

多くのカードローンやキャッシングでネット申し込みができるようになり、「こちらから相談する」ことをためらわれてしまう方も多いでしょう。

しかし、抱えている不安は自分の方から相談して解決への道筋をつけた方が良いです。

多くの派遣従業員がいる会社で、自分が電話に出ることができないなどの不安は、備考欄に予め記入しておくか、ネットで申し込みをした後、コールセンターの営業時間に合わせて「こういう環境で働いているので、自分が勤めていることを確認できないかもしれません」と素直に状況を申し出ましょう。

トライフィナンシャルサービスは比較的柔軟な審査を行ってくれるので予め相談しておけば充分間に合いますよ。

トライフィナンシャルサービスの在籍確認(まとめ)

在籍確認の方法ですがトライフィナンシャルサービスのスタッフが記載された勤務先の電話番号に会社名を伏せて個人名で電話をします。

借入を希望しているなどという内容には一切触れずにただその人が本当に在籍しているかのみを確認して電話を切りますので電話口の人は少し不審に思うかもしれませんが全く問題はありません。

どうしても気になる人は、「自分が電話に出られる時間帯に在籍確認をしてもらうように相談してみる」という方法もありますし、もし万が一何か聞かれたら「クレジットカードを新しく発行するためのものだ」と答えれば良いでしょう。

在籍確認の電話連絡があると、同じ職場の人にお金を借りていることが知られるのではと不安に思う方もいらっしゃるかも知れません。

ですが、トライフィナンシャルサービスはむやみに審査在籍確認であることを言いませんし、会社名も伏せてくれます。

そのため、勤務先に電話がくるといっても、在籍確認によってトライフィナンシャルサービスの利用がバレることはないので、安心して下さい。

トライフィナンシャルサービス パート・アルバイト・日雇い等幅広い審査


トライフィナンシャルサービス

実質年率 9.85%~18.0%
限度額 1万円~300万円
申し込みはネットから24時間受付可能
最短で即日融資も可能!使い道自由!
担保・保証人不要!在籍確認も柔軟に対応
過去に債務整理など事故がある人も申し込み可能!

サンクスダイレクト