今すぐお金を借りるならコチラ!

プロミス 22時までの申込で最短60分間で融資可能!
【20~30代に人気】


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1~500万円
審査スピード 「最短30分」
3項目入力で簡単3秒診断!
カードレス可能で郵送物なし!
Web完結可能で来店も不要!

プロミスレディースローンはコチラ

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

SMBCモビット 10秒で簡易審査結果表示♪
【30~40代向け】


SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査スピード 最短即日
全国セブン銀行ATMでスマホアプリ入出金可能!
申し込みから借り入れまでWEB完結
電話連絡・郵送物不要の「Web完結申込」

※申し込みの曜日、時間帯により翌日以降の取り扱いとなる場合もあります
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行の口座と保険証(社会保険証や組合保険証など)をお待ちの方はWEB完結申込が可能です。

初めてお金を借りるなら

初めてお金借りるのであれば、希望融資額や自分の返済能力などから逆算した金融機関を選ぶのが懸命です。

どこか迷っている人の多くは消費者金融を選びますが、銀行や信用金庫・信販系カードローンはもっと低金利で貸してくれます。

借入先が複数になる場合は、審査に通過しやすい消費者金融を選ぶのも手でしょうが、初めてお金借りるなら銀行でも融資してくれる可能性も期待できます。

とはいえ、知名度抜群で安心できる大手消費者金融業者で借りるか、それとも銀行で借りるか、お金を借りると一概に言っても、複数の業者があるためどの業者にしていいのか分からない・・・なんてこともありますよね?

そこで今回の記事ではお金を借りるならどのような金融機関が良いのか条件別に見ていきましょう。

お金借りるならやっぱり金利の安い銀行?

お金を借りるなら、やはり銀行で借りるのが一番金利が安いと言えるでしょう。

どのような利用使途で借りるのかで違ってきますが、労金、農協と比べても個人的には銀行が良いと思います。

今のカードローンは銀行・消費者金融・クレジット会社・信販会社全てが出しており、激戦と言っても過言ではありません。

どのカードローンも他社よりも下限金利を引き下げ努力をしており、最も低いとこでは1%を切る銀行カードローンも出ています。

尚且つ、最短即日融資もできるローンもあることから、目的ローンで借りたい人も、カードローンで借りることによって、現金を手にすることが可能になっているのです。

では、銀行カードローンの金利はどれくらいなの?と次の質問に移る訳ですが、銀行カードローンの金利は、10%~15%ぐらいがメジャーで、高いところは、17%~18%の銀行カードローンもあります。

銀行カードローン金利
住信SBIネット銀行年0.99~14.79%
オリックス銀行年1.7~17.8%
三菱UFJ銀行年1.8~14.6%
楽天銀行年1.9~14.9%
ジャパンネット銀行年2.5~18.0%
みずほ銀行年2.0~14.0%
三井住友銀行年4.0~14.0%
りそな銀行年3.5~12.475%
イオン銀行年3.8~13.8%

上に銀行カードローンの金利一覧表がありますが、カードローンの金利は下限金利~上限金利で表示されています。

ここで騙されないようして欲しいのは、左側の下限金利は一切無視しなければなりません。なぜなら新規で(初めて)カードローンを借りる場合、適用される金利は右側の上限金利が9割以上になるからです。

左側の下限金利とは、そのカードローンで1番低く出せる金利の限度という意味です。
実際に貸す貸さないは貸し手側の自由なので、本当に最低の金利で借りれるかどうかは不明なのです(実際に最低金利で借りていると言う人を聞いたことがありません)。

この上限金利(右側の金利)を見て、金利安くないじゃん!と思う人が多いと思いますが、100万円未満を借りた場合の消費者金融の金利は、約18%となっていることから、10%~15%の金利なら充分に安いと言える範囲なのです。

2018年より銀行は即日融資が禁止に・・・

2017年までは一部銀行カードローンで最短即日融資が可能になっていましたが、銀行による過剰貸付問題を発端として、2018年より即日融資が禁止になりました。

その理由は、反社会的勢力への融資を避けるために、申込者を必ず警察庁のデーターベースで照会しなければならなくなったからです。

警察庁データーベースの回答は早くても翌日になることから、実質的に銀行カードローンが申込当日に貸付することが不可能になりました。

その為、金利が安いのは銀行ですが急ぎでお金を借りたいなら消費者金融を選択すると良いでしょう。

お金を借りるなら何を基準で選ぶべき?

目的によっておすすめのカードローンは異なります。

カードローンは借りれるならどこでもいいといった考え方で選んでしまうと安く利用できるチャンスをみすみす逃すことだってあります。

一番良いカードローンの選び方は以下3点のいずれかに当てはまるかどうかを確認することです。

お金を借りるなら即日融資が可能なところが良い

銀行カードローンは借入までに2週間程度必要となるので、最短で即日融資が可能な消費者金融がおすすめです。

お金を借りるなら金利が低い所が良い

金利が低いといえば銀行カードローンですが、消費者金融の中には無金利サービスというものもあるので少額を借りて、短期間で返せるという方は消費者金融がおすすめです。

お金を借りるなら周りにバレない所が良い

契約時に郵便物が届かないように指定できる、カードレス契約ができる、自宅で借入まで完結できるといったカードローンを選びましょう。

お金借りるなら銀行カードローン?消費者金融?【それぞれのメリット】

銀行カードローン消費者金融
・金利が低い
・安心感がある
・限度額が大きい
・提携ATM手数料が無料
・審査時間が早い
・即日融資が可能
・内緒で借りれる
・自動契約機多数有

銀行カードローンや消費者金融は大きく分けてこのような特徴があります。こちらを参考に自分に合った所を選んで見てください。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融が安心

はじめてカードローンを利用するなら、大手の金融機関を選びましょう。具体的には、アコムやアイフル、プロミス、プロミスレディースなどがおすすめです。

なぜなら中小カードローンの場合、詐欺被害に遭うリスクが高くなるからです。それだけでなく、金利が高めに設定されていることも多いです。

それに対して、CMでも見かけるような大手の会社なら安心して利用できますし、金利も中小と比べて低く設定されています。

また、初めての方限定で無利息サービスを行っていることや、利用可能なATMの多さなど、サービス面でのメリットも大きいです。以下に他の消費者金融との違いを表にして比較してみました。

会社金利限度額融資時間審査通過率オススメのポイント
アイフル3.0%~18.0%800万円最短1時間45.4%
最短30分の即日審査。1,000円から借入れ可能。
プロミス4.5%~17.8%500万円最短1時間43.5%
最短1時間で借入OK。土日祝日も借入可能 24時間いつでも振込可能。 郵送物なし&カードレスのWeb完結サービスも対応可能。 家族にバレずに借入が出来る。 30日間無利息で借入れ可能。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
アコム3.0%~18.0%800万円最短1時間47.5%
審査の回答が最短30分。 最短1時間で融資が可能。 1万円の少額から借り入れも可能。振込手数料無料、24時間土日祝日でも返済可能。契約機を利用すれば、土日祝日でも即日融資を受けることができる。
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円即日
「WEB 完結申込」を利用すれば、電話連絡なし、郵送物なし(カードレス)で借り入れ可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ただしお金を借りるなら審査に通ることが必須!

カードローンでお金を借りるためには必ず審査を受けなければなりません。

審査で最低限重視されるポイントは2つ
  1. キャッシング会社から指定されている年齢を満たしていること
  2. 定期的な収入があること

上記の条件を満たしているかを簡単に確認したいならインターネット上から借入できるかどうかを無料で事前に診断できるサービスがおすすめです。

「生年月日」「雇用形態」「年収」「現在の他社借入金額」を入力するだけで借入できる可能性がどれくらいあるのかを診断してもらうことができますよ。

事前診断で借入可能と診断されたら、実際の審査でも融資を受けられる可能性が高いのでまずは気軽にチェックしてみてくださいね。

消費者金融以外にお金を借りれる場所や方法

お金を借りる時1番気になるのが「果たして自分は貸してもらえるのか」ということではないでしょうか。

そこでここからは消費者金融以外にお金を借りることが出来る場所や方法を見ていきましょう。

郵便局でお金を借りる

意外かもしれませんが、郵便局(ゆうちょ銀行)でもお金を借りることが出来ます。

金融機関なので当然と言えば当然なのですが、郵送物の送受信での利用が多いですので、案外知られていません。郵便局はどこにでもある身近なものですので、予めお金を借りる方法を知っておけば、いざという時すぐに対応できてとっても便利です。

ただし、誰でも郵便局からお金を借りられるわけではありません。

郵便局からお金を借りるには、担保が必要です。担保となるのは、財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金の3つ。これらを既に利用していて、かつ担保にすることで、お金を借りることができます。

また、定額貯金、定期貯金の場合は、通常貯金の残高不足などがあった時に自動貸付を利用することも可能となっています。

借り入れ可能金額は、各定額貯金の残高に利子をプラスした金額の90%となっており、最高300万円。借入期間は最長で2年間となっており、もし借入期間中に定額貯金が満期になる場合は、満期日まで借入れ間になります。

郵便局・ゆうちょ銀行の窓口に、運転免許証などの本人確認書類と、定額貯金の通帳を持参して、お金を借りたい旨を話せば、お金を借り入れることができます。

たったこれだけですので、非常に簡単に借り入れできることがお分かりいただけるでしょう。しかし、返済はATMなどではできず、郵便局・ゆうちょ銀行の窓口でしかできないので、多少不便かもしれません。

このように郵便局でお金を借りる為には誰でも借りれるというわけではないので、将来困った時の為に、定額貯金の口座を作っておくのが良いでしょう。

国や市から個人でお金を借りる

国からお金を借りる方法としてもっともポピュラーなのは、日本政策金融公庫からお金を借りる方法です。

日本政策金融公庫というのは国が出資して設立した金融機関で、通常の金融機関(銀行など)とは違った基準(簡単にいうとややゆるい基準)で審査を行なっているという特徴があります。

また、貸付利率なども一般的な金融機関と比べると格安である場合がほとんどですので、少しでも負担の小さい形でお金を借りたいと考えている方は日本政策金融公庫からお金を借りることを検討してみると良いでしょう。

日本政策金融公庫からお金を借りる窓口としては、国の教育ローンと事業主向けのローンが考えられます。

生活福祉資金貸付制度

より低所得者向けの貸付制度としては生活福祉資金貸付制度があります。
消費者金融などでは一定額以上の収入があることが貸付条件になっていますので、失業中の方や病気療養中の方などの場合は利用できない場合が多いのです。

そのような場合には生活福祉資金貸付制度を利用することも検討してみると良いでしょう。

生活福祉資金貸付制度は都道府県の社会福祉協議会という組織が運営している貸付制度で、申し込み窓口は市区町村の社会福祉協議会です(市役所の近くに建物があることが多いです)

生活福祉資金貸付制度は、利用の目的ごとに大きく分けて①総合支援資金、②福祉資金、③教育支援資金、④不動産担保生活資金の4つがあります。

総合支援資金

総合支援資金は、失業等によって一時的に収入が激減してしまったという場合や、急な転居などが必要だけれど敷金や礼金を準備できないというような場合に利用できる制度です。

福祉資金

福祉資金は、主に怪我や病気などによって生活費を捻出できない人が利用できる貸付制度です。お金の用途としては介護や福祉用品の購入費用とすることや、災害があった時などに生活を立て直すために必要なお金として使用することが考えられます。

教育支援資金

子供が高校や大学に通うために必要な学費を捻出することができないという場合には、教育支援資金を利用することができます。

高校や大学に通うためには入学金の他に半期ごとに授業料が必要になりますが、期限までにお金を払えない場合には入学試験の合格が取り消されてしまうこともあるので早めに対策を考えておかなくてはなりません。

不動産担保生活資金

自己所有となっている不動産(建物や土地のこと)がある場合には、この不動産を担保にして生活資金を借りるという方法が考えられます。

銀行などでも不動産を担保としてお金を貸してくれることはありますが、仕事をしていることが条件となるのが普通ですから、失業中という方はこの不動産担保生活資金の利用を検討してみると良いでしょう。

別のローンからの借り換えは不可

注意点としては、国から個人がお金を借りる(生活福祉資金貸付制度)はすでに消費者金融などからお金を借りている人が「生活福祉資金貸付制度の方が利息が安いからこっちに借り替えよう」といったような目的で借りることはできない点です。

そのため、現在自分の収入だけでは返せる見込みのない借金を負っているような場合には、上でも説明させていただいた債務整理を行うことを前提に考えてみる必要があります。

債務整理を行うために必要な資金については生活福祉資金貸付制度から立替えてもらうことは可能です。

即日”審査なし”を謳う金融業者に注意

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでお金を借りると、例外なく審査が待っています。いくら即日審査、即日融資をしてくれるなど利便性が高くても、審査を受けるのは嫌だという人は少なくありません。

そこで「即日融資無審査」「即日融資審査なし」などの文句に誘われるまま、怪しげな金融機関に足を運ぶ人もいます。しかし、それは大変危険であり、結果的になけなしのお金すらだまし取られてしまうケースがあります。

「即日融資審査無し」はリスクが高い

銀行や大手消費者金融が即日融資でも審査を行うのは、申込者の返済能力を判断するためです。

即日融資審査なしを謳う業者は、申込者の返済能力を判断することなく融資をしているのですから、業者からしてもかなりリスクが高いのです。

もちろん業者も、リスクを丸被りするわけではありません。融資をした人の中には、貸したお金を返さない人もいるでしょう。

通常ではその分損をしてしまいますが、業者は貸したお金を返さない人の穴埋めとして、それ以外の人から徴収する金利を高く設定しています。法定金利の上限年20%を超えるような設定をしている業者も少なくありません。

その為、貸したお金を返さない人を極力作らないため法律で禁止されているような「アグレッシブ」な取り立てをする業者も少なくありません。いくら即日融資審査なしとはいっても、そのような所でお金を借りるのは辞めましょう。

どうしてもお金借りたい!借りれない人にありがちな3つの理由

審査に通らないときに利用するべき業者や借りるべきでない業者を紹介してきましたが、逆にどのような人が大手消費者金融で審査落ちしてしまうのでしょうか。お金を借りる前に自分が該当しないかチェックしてみましょう。

お金を借りる際、審査に通らない人の特徴

お金を借りる際、審査に通らない。申込者がなぜ審査落ちしてしまったのか、その原因を申し込み内容などからある程度絞り込むことは出来ます。

審査落ちしてしまったおおよその原因が把握できれば、次の申し込みまでにある程度の対策が可能です。

どうしてもお金を借りなければいけない人は、次のローンへ申し込みする前に以下でセルフチェックしておきましょう。

他社借入が4件以上、年収の3分の1以上ある

申込者の他社借入状況は信用情報で調べることができますが、他社借入が多すぎる人は審査に通りにくくなります。金額を気にする一方で、意借入件数を意識していない人は多いのではないでしょうか。

しかし、金額はもちろん、借入件数も審査には大きく影響するので、自分が何社から借り入れを行っているのか確認しておきましょう。なお、借入件数と審査への影響は以下のようになっています。

借入件数審査への影響
1件全く問題なし
2件返済状況に問題なければ問題なし
3件要注意
4件属性が良くない人は審査通過困難
5件新規の借入はほぼ不可能

金融事故でCICなどの信用情報機関にキズがある

ブラックになった人は基本的に大手金融機関の審査に通らなくなります。

ブラックの情報というのは信用情報機関で管理されており、記録される機関によっても異なりますが、5年間は経過しなければ消えません。

この場合はブラック状態が解消されるまで待つか中小消費者金融に申込みましょう。ブラックに該当する情報としては以下のようなものがあります。

ブラックに該当する情報
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 61日または3ヶ月以上の長期延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • クレカや携帯電話契約などの強制解約

これらの情報は5年から10年は信用情報に記録され続けますので、信用情報にこれらの情報が記録されている人は、銀行や大手消費者金融の審査にはまず通過できません。

お金を借りる時は申込ブラックに注意

「どこか1社だけでも審査に通ればいい」と考えて、手当たり次第に申込している人はいませんか。

信用情報には他社への申込履歴も記録されており、これがあまりにも多い人を「申込ブラック」と呼んで審査に不利になってしまいます。

お金を貸して欲しいと言ってきた友人が他の人からも借りようとしていたらどう感じるかと考えれば、申込ブラックが審査に不利になることが分かると思います。

申し込み情報はCICとJICCという消費者金融が審査の際に調べる信用情報機関には6ヶ月間保存され、その後は消滅しますので、申込ブラックが原因の人は一旦申込をやめ、6ヶ月後に再度1社ずつ申し込んでください。

収入が安定していない

「安定収入」は返済能力の有無を判断する際の必須要素で、具体的には下記のようなポイントを確認されます。

安定収入の有無を判断するポイント
  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

特に重要なのは勤続期間で、いくら年収が高かったとしても転職して1ヶ月も経っていない状況では、安定性が低いと見なされて審査落ちする可能性があります。

無職やニートがお金を借りることが出来ない理由

無職やニートがカードローンの審査に通過できない理由は、総量規制という法律があるからです。

総量規制は、「お金を借りる人の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけない」消費者を保護する目的の法律です。

総量規制では、貸金業者が年収などの“安定した収入”がない人へ貸付をおこなうと、罰則が科せられます。そのため、アコムやプロミスといった大手消費者金融系カードローンは、無職やニートの状態の方に融資を行うことは絶対にありえません。

消費者金融は、貸金業法の1つである総量規制というものに縛られており、年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないようになっています。これは正社員やアルバイトといった職業に関係なく決められています。

利用限度額の例
アルバイトの立場学生主婦その他
月収4万円~5万円7万円~8万円15万円~20万円
年収約60万円約90万円約210万円
借り入れ可能額約20万円約30万円約70万円

例えば年収が300万円だったら、限度額は最高でも100万円まで。ただ、状況によっては100万円ではなく、50万円だったり80万円だったりと下回ることも珍しくありません。

どちらにしろ利用限度額の範囲内でも、総量規制により年収の3分の1を超える借入はできないので注意してください。

10代・20才未満の学生・若者はNG

学生については「アルバイト収入がある」「年齢が20才以上である」 という条件で、キャッシングできるようになっています。

ですが逆に10代・未成年・20才未満の若い世代の人は、お金を借りることはできません。

若年層でもキャッシングできるという話を聞いて「18才・19才でも、大学生なら大丈夫」と思ってしまう人も多いようですが、大若年層でも、18才・19才ではお金を借りることはできないので、注意してください。

もちろん、大学生以外の、専門学校生・短大生なども同じです。18才・19才でも「クレジットカードのキャッシング枠」であれば、お金を借りることができます。

ただし、基本的にクレカのキャッシング枠は、限度額が最大でも「5万円~10万円」とかなり小さいです。18才・19才の場合はカードローンのように「30~50万円」のお金を借りるのは難しいと考えてください。

お金を借りる審査に通らなかった人向けの打開策

こんな時どうすれば…
審査落ちした原因は把握できた。
信用情報にも大きな問題はなかった。
それでも審査落ちした人はどうすれば…

お金がないと本当に困るのに、審査落ちして借りれなかった…そんな状況でも、お金を用意できないリスクは無視できません。

どうしてもお金が必要な方は、他の選択肢も検討してみましょう。

他のローンに申し込み直してみるのもあり

例えば、他のローンを利用するという選択肢もあります。

審査というのは、各金融機関ごとに個別の基準で行われているため、1社利用できなかったからといって全てのローンで同じ結果になるとは限らないのです。

他の金融機関を検討する際は、大手消費者金融のカードローンにも目を向けてみてください。

もちろん、消費者金融も厳正な審査を行っているので、必ずしもお金を借りられるわけではありません。しかし、銀行、消費者金融、信販会社などでは審査の仕組みがそれぞれ違うため、異なる結果がでる可能性は十分にあるのです。

ただしだからと言って「決して審査が甘い訳ではない」ということをきちんと理解して、大手消費者金融のカードローンを検討してください。以上を踏まえ状況別の借入先をまとめてみました。

スピードを優先する(即日、急ぎで借りたい場合)
  • クレジットカードのキャッシング枠の利用
  • アコム、プロミスなどの消費者金融のキャッシング
  • 三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローン(※即日融資はできません)
時間がかかっても金利を優先する(返済の負担を減らしたい場合)
  • 公的融資(市役所、ろうきん)
  • 会社の貸付制度
  • 三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローン

お金を借りる場所は目的や金額、状況によっても様々ですが、返済プランを明確に、そして自分の生活に合ったお金の借入先を探すことが大切だということを覚えておきましょう。

ネットでお金を借りるならカードローンがベスト!

インターネットでお金を借りたい人は、カードローンを利用する方法がおすすめです。カードローンとは、無担保・保証人なしでお金を借りられる個人向け融資のことであり、主に銀行や消費者金融会社、信販会社などの金融機関が取り扱っています。

各金融機関が取り扱っているカードローン商品は、以下の手段を用いることでインターネット上からお金を借りられます。

パソコン公式サイト
スマートフォンスマホアプリ

ネットでお金を借りるまでの流れ

インターネットでお金を借りるまでの流れは、下記の通りです。

インターネットでお金を借りるまでの流れは
  1. WEB申し込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 必要書類の提出
  4. 銀行口座に振込

インターネットでお金を借りるまでの流れは、どこの金融機関を利用しても上記のような流れになります。とくに、各金融機関が展開しているカードローン商品は、上記の流れが主流になっています。

ネットキャッシングにおすすめのカードローン会社は、下記の通りです。

ネットキャッシングにおすすめのカードローン
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

ネットでお金を借りるならプロミスがおすすめ

プロミスは限度額50万円以内なら免許証だけでお金を借りられます。運転免許証とスマホだけでネット申込から借り入れまで最短1時間で完結できるおすすめのカードローンです。

申込は公式サイトから行えば、契約までの手続きはWEB上ですべて完了できます。カード無しの契約も可能なので、自宅に郵便物が送られてくることもありません。

プロミスは原則24時間最短10秒でお振込可能であるため、ネットでお金を借りることを検討している人におすすめと言えるでしょう。

プロミス 22時までの申込で最短60分間で融資可能!
【20~30代に人気】


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1~500万円
審査スピード 「最短30分」
3項目入力で簡単3秒診断!
カードレス可能で郵送物なし!
Web完結可能で来店も不要!

プロミスレディースローンはコチラ

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。